なまけもの教育ママの取組み

DWE・パルキッズ・英検・子供とおでかけ など

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村

DWEと併用の【パルキッズ】追加教材を悩む

 我が家ではDWEと併せて、1年前から【パルキッズ】の教材もいくつか取り入れています。

きっと近い将来 この案内がくるのではないかと予感はあったものの、こんなに早く選択を迫られることになろうとは・・。

 

f:id:go-cherry:20190316185313j:plain

パルキッズの取組み

 先日届いたパルキッズからのメールです。⇓ ⇓

会員の皆様により便利により快適に英語育児を実践していただけるよう、オンラインレッスンを始めとしたシステムやサービス改善に努めて参りましたが、新しいプログラムの導入やサーバーのアップグレードなどの管理コストの上昇により、この度、一部教材やサービス価格の改定をさせていただくこととなりました。ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

◎パルキッズジュニア
【現行価格】¥52,650→【新価格】¥73,062
 ↓↓↓
 https://www.palkids.co.jp/palkids-junior/

 

 昨年12月にも上記理由で【I Can Read】【I Love Reading】【7-day English】の値上げがあったばかり。次はきっと【パルキッズジュニア】の番だとは薄々感じてはいたのですが、まさか3か月後にくるとは思っておらず 少々焦ってます。

 

一般的なメイン教材の推奨取組順

①パルキッズプリスクーラー

②パルキッズキンダー

③パルキッズジュニア

④7-day English

※詳細は教材一覧 | 英語教材パルキッズをご覧ください。

 

現在の兄弟の取組

長男→7-day English/英検オンラインレッスン準2級

次男→パルキッズキンダー/ I Love Reading 

 

 

そもそもなぜパルキッズを取り入れたのか

パルキッズキンダーとジュニアを比較

まずは我が家ではDWE併用のパルキッズ導入教材として、パルキッズジュニアではなくパルキッズキンダーを選びました。

簡単に両教材の説明をすると、

・パルキッズキンダーは良質大量のかけ流しによって語彙や表現力を強化する教材

・パルキッズジュニアはかけ流しではなく、音読で読みと読解力を育てる教材

 です。(HP参照https://www.palkids.co.jp/

パルキッズキンダーを選んだ理由

 パルキッズを始める前の長男は、DWEのBook10-12あたりも耳で覚えた情報と擦り合わせて読めるものの、初見の本だとスラスラとは読めないような感じ。一方の次男は読みはほとんどできない状態でした。

 パルキッズキンダーとパルキッズジュニアで悩みましたが、まだまだ耳からのインプットが期待できる年齢(8才・6才)であったこと、兄弟一緒にインプットが可能であること、そして覚えやすい同年代の子どもの日常会話が大量収録されていることでDWEでは不足している語彙の補強になると思い、まずはパルキッズキンダーを選択しました。

 

アイラブリーディングを追加

その後リーディング教材の I Love Readingの導入により、長男の読む力は一気に上がり 読解力にも手応えを感じてきました。そこでキンダーとI Love Readingは次男に引継ぎ、パルキッズジュニアもスキップして 多読教材の7-day Englishに移行しました。

 一方次男は 前述の通り、パルキッズキンダーとI Love Readingのかけ流しとオンラインレッスンに取組んでいます。もともとDWEで培ったリスニング力と英語回路があったため、パルキッズでも毎日のかけ流しで自然と英語のまま理解し、順調に語彙を増やしています。リーディングに関してはほとんど進んでいなかった次男ですが、パルキッズキンダーとI Love Readingのオンラインレッスンで 音と文字を意識することによって、だんだんと読めるようになってきました。

 

将来的には読解力の育成が必要

しかしまだ次男には、長男のような読解力はありません。まだ小1なのでなんとも言えないのですが、日本語の読書の読解力についても 本好きの長男にはまず及ばない次男。この先どうするべきか。

1年でどれだけ読む力を身に付けられるか

 次男のキンダーとI Love Readingの取組みはあと1年弱で終わるので、そのタイミングでパルキッズジュニアに移行するのか7-day Englishにするのかを悩もうと思っていた・・その矢先に冒頭のパルキッズからの『料金改定のお知らせ』ですね。

果たして、あと1年で次男がどれくらいまで読む力と読解力を身につけてくれるのか、次男もパルキッズジュニアをスキップして7-day Englishに移行できるのかどうか。

3/11までに結論を出さなければならなくなったわけです。

・・悩んでるんです。

 

今まで耳から身に付けてきた英語を、この先も使える英語力としてブラッシュアップさせたいと考えている母にとって、忙しい中でも こどもが自己学習で取組んでくれるパルキッズは本当にありがたい教材です。

 

今「悩んでるんです」とこのブログを書きながら、なんとなく自分の中に答えが出てきたような気もしてます。今後の動向や、DWEとパルキッズの併用の効果についてなども、追ってブログに書いていきたいと思います。

 

 

 わが家の兄弟が現在メインで取組んでいるパルキッズ。(株)児童英語研究所の代表取締役・船津洋先生による保護者向けセミナーが開催されます。

私がおうち英語に取組んできて思うことは、英語は始めるなら早い方が良い(楽)ということ。

まさに「子どもは言葉の天才」です!

興味のある方はこちら⇩

palkids-1908.peatix.com

 

パルキッズの資料請求をすると、サンプルCDの他にもオンラインレッスンが7日間お試しできます→

https://www.palkids.co.jp/s/index.php?main_page=sample

www.palkids.co.jp

 

 

 

www.gogocherry.com

www.gogocherry.com

www.gogocherry.com